© 2013 hasshoo co.,ltd 

重要無形文化財保持者(人間国宝)の技術を伝承していく人材を養成する施設です。 陳列室には人間国宝や卒業生の作品のほか、昔のすぐれた漆工品をまねて制作した参考作品が、常時展示されており見学もできます。

Please reload

福島県会津若松市

訓練校長ご挨拶より

本校は、会津漆器を担う漆器職人の育成を第一の目的としています。そのために、数多くの木地師、惣輪師、下地師、塗師、蒔絵師が講師として協力、その技術を惜しみなく指導伝授しています。

しかし、訓練校ですので、単なる教育機関の延長ではありません。社会人として、数多くの方々の支援に感謝しつつ、自ら意欲的に取り組んでいくことが求められます。そうした自覚をもって、ぜひ会津漆器の技術取得にむけて挑戦していただきたいと思います。

Please reload

石川県立九谷焼技術研修所は、将来の九谷焼を担う人材を育成する機関です。
陶芸にまつわる知識・技術を学ぶことはもちろん、上絵技法に関しては全国トップクラスの講義内容を誇る、 専門性の高いカリキュラムが特徴です。幅広い分野からのその道に秀でた講師陣と緑豊かな立地環境が、あなたの挑戦を待っています。伝統ある九谷焼の世界で、創り出す喜びをみつけませんか?

Please reload

【漆工芸】
【陶磁器】

コンセプト

「現代陶芸をリードする陶芸家を輩出する産地」と「手作りを基本に日用陶磁器を生産する産地」の両面を併せ持つ陶芸産地を担う人材育成を行います。

Please reload

石川県山中漆器産業技術センターは山中漆器の原点で、全国の頂点に立つ「挽物轆轤技術」の修得と後継者育成、及び将来の漆器産業を担う人材の養成、自主研究等を行うための産業振興の中核施設として平成9年4月1日開設しました。全国で唯一「挽物轆轤技術」を専門的に学べる研修施設です。

Please reload

有田窯業大学校は、日本の磁器発祥の地「有田」にあります。先人の育んだ歴史や伝統が身近に感じられるやきものの町。窯業分野では最先端の研究機関、学術機関も隣接し、やきものを学び、技術を修得するのには最高の環境です。現在もたくさんの陶磁器生産に関わられている方々が、生活を豊かにする時代に必要な陶磁器を日々生み出しています。本校では、平成21年度から4年制学科を新設し、更に高度な専門知識・技術を修得したクリエイティブな人材の育成を図っています。卒業後の仕事としては、陶芸家・ろくろ師・絵付師・陶磁器デザイナー・陶磁器商品企画者・陶磁器指導者をはじめ窯業全般に携わります。(HP学校概要より)

Please reload

伝統工芸産業の後継者育成教育研修機関リンク集

※随時更新中です。

※具体的な内容・詳細については各施設に直接お問い合わせください。

京都府京都市東山区

HPより

京都府立陶工高等技術専門校は、昭和21年(1946年)に創設された京都の伝統産業、京焼・清水焼の伝統的作陶技術を習得する施設です。現在は職業能力開発促進法に基づく、能力開発施設(職に就くための技能習得施設)として運営されています。1~2年にわたる訓練期間の中で、陶磁器の成形、絵付、釉薬、焼成などの一連の基礎技能を、デザインも含め身に付ける指導を行います。

Please reload